自社で作成した旋回中心補正マクロを使用し、0.01mmの動的精度調整を達成しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です